眼瞼下垂(がんけんかすい)

ptosis

まぶたが上がる仕組み

img_03

目の後ろに、まぶたを上げる筋肉(LPS)があります。

この力がうまく伝われば、まぶたがうまく上がります。

まぶたを上げる筋肉(LPS)は、目の後ろから来ているので、後にひっぱる力を作り出します。しかしまぶたの動きは上下方向であるため、力の向きを変えるしくみがあります。

私どもの研究によれば、LPSの延長の膜のようなものが(詳しくは眼瞼挙筋腱膜、ミュラー氏筋、LPSのもう一つのsheath)、ちょうど眼球の上あたりで力の向きを変えまぶたを上げます。また、この3ついずれもまぶたを上げる強度をもっています。(詳しくは、昨年刊行の 涙嚢鼻腔吻合術と眼瞼下垂手術 II 眼瞼下垂症手術 メディカル葵出版 をご覧ください) 

しかし、何らかの理由により、LPSの力がまぶたにうまく伝わらないことがあります。これが眼瞼下垂です。眼瞼下垂の患者さんは、LPSの力がまぶたに充分に伝わっていないため、LPSの力だけではまぶたを上げることができず、場合によってはまゆ毛の筋肉(前頭筋)でまぶたを上げようとしたり、顎を上げて見づらさを補おうとします。

 

眼瞼下垂の治療

LPSの力が、うまくまぶたに伝わるようにする手術です。

LPSそのものの働きが弱っている場合はむずかしいですが、LPSに問題がない場合は、まぶたにその力がうまく伝わるようにすれば、眼瞼下垂は治療できます。方法は、眼瞼挙筋腱膜を縫い付ける方法、ミューラー氏筋を強める方法、などがあります。これらの手術は簡単なようで実はまぶたの構造(解剖)が分かっていなければ難しい手術ですまた、手術の結果がすぐにわかる手術でもあります。

開院以来、一日に一人の患者さんを丁寧に手術しております。

もちろん健康保険は適用されます(費用の概算を参照ください)。時間は両眼90分程度で、日帰り治療です。

手術:①上まぶたを切開します。②1週間手術創を濡らせません。③首から下はお風呂にはいれます。④形成外科的に縫合しますので、傷跡はほとんど二重の線に重なることが多いです。

痛み:①麻酔注射を我慢するだけで、手術中はほとんど痛くありません。②手術後は鈍い痛み程度。③翌日以降はほとんど痛みはありません。

腫れ:①翌日をピークに大きな腫れは2~3日。②手術後7日には半分くらい腫れがあります。③手術後30日には腫れは1割くらい。④ごく軽いむくみのような腫れが半年くらい出る方がいます。

問題点:①なるべく左右が同じようになる様手術しますが、わずかな差が起きる場合があります。②LPSの力が弱い方は、手術できません。